TOP

就活は楽しみながら内定獲得しましょう

四季報が就活生に好まれるわけ

就職四季報は、東洋経済社から販売されている就活生には欠かす事の出来ない重要な会社研究本です。雑誌やテレビコマーシャル、インターネット上に表示されているホームーページなどでも情報を収集する事は可能ですが、他の人の思惑や、宣伝などが無い、まっさらな状態で、客観的に判断する事ができる情報が紹介されている就職四季報は、唯一無二の存在です。5000社を超える様々な企業の平均年収、入社三年後の離職率、会社が欲しい人材、採用実績、残業状況など、ホームページや、他のメディアには紹介されていない情報が沢山紹介されている書籍です。特に応募倍率などは、人気企業の中でも入りやすい狙い目の会社などを見つける事ができるので、是非参考になさってください。お値段は2000円近くするので、決して安くはありませんが、コストパフォーマンスはとても高い本です。FXをやっている人も参考にするくらい、正確な情報が紹介されていますので、少し無理したとしても買って損はないです。

ネットワークエンジニアの面接の方法について

ネットワークエンジニアは、社内ネットワークなどの設計から保守までネットワークシステム全般を行う仕事です。システムエンジニアと違いプログラミング言語を使うというよりも、ルーティングやスイッチングなどのコア技術からネットワーク技術、ルーターの知識などが求められます。採用面接はそれほど一般職とかわりはありませんが、技術職でもありますのでネットワーク関連のスキル知識などは質問があると考えてください。たとえば、求人先の会社の使用しているネットワーク機器についてどれくらい使えるのかという質問をされることがよくあります。使っている機器によって仕様が変わってくるためです。しかし、その会社の機器について経験がなくても、この質問をされたからといって焦る必要はありません。あくまでもこれらは癖のようなもので、基本的なコマンドなど押さえておくべき技術があれば、その会社の機器じゃなくとも大丈夫です。実際にはネットワーク機器ではとてもシェアの大きい会社の機器があり、その資格試験もあったりしますから、未経験だという場合には、資格をひとつ押さえて基本技術を習得してアピールするのもひとつの手です。国家資格にはネットワークスペシャリスト試験があるので、事前に取得しておけば未経験であってもアピールポイントとして活用することができます。こういったネットワークエンジニア特有の質問は、企業研究などで当然押さえておくべきことですが、面接においては基本的なマナーもあり、それは職種に関係ありません。しかし意外と知らないこともあります。例えば面接会場で携帯電話の電源を切るという事は、いうまでもあるません。挨拶をしないなどもそうです。ただ、意外と何社も面接を受けるとやってしまいがちなマナー違反は、面接の待ち時間に他者の資料のチェックや応募書類の記入などをしてしまいがちです。面接官がいる場所では緊張感を持って身だしなみに気をつけていても、面接会場や会社の周りで気を抜いてしまうという人がいるので気をつけなくてはなりません。タバコなどは個人の嗜好品ですが、会社の外だからといって歩行喫煙やタバコのポイ捨てなどは絶対にやってはいけません。服装はダーク系統のリクルートスーツが一般的です。たえだ、これは絶対に着用しなければならないという決まりではありません。もちろんリクルートスーツは手入れさえ怠らなければ、清潔感や清廉性を表現してくれる服装ですので使い勝手がいい服装であることはまちがいありません。しかし、企業研究をしっかりやっていれば採用が取れる服装があるのも事実です。そういう服装は何を着ればいいということではなく、その業界や企業がどんな人材を求めているのか分かっているということをアピールするような服装です。かなり上級者のテクニックではありますが、知っておくと一般的なリクルートスーツにワンポイントアピールを加えるのにも役立ちます。

マークアップ・エンジニアと一口にいっても色々

マークアップ・エンジニアは現行をHTMLを使って最終製品としての完成度を意識しながらWebサイトを仕上げていくのが仕事です。コーダーとは厳密には違う仕事なのですが、企業によってはどちらかの名称で募集している場合もあります。ですから、マークアップ・エンジニアの仕事を探す場合にはコーダーとしての求人にも目を通して仕事内容で選択するのがよいでしょう。マークアップ・エンジニアとコーダーの二つを厳密に分けているような企業では、マークアップ・エンジニアはスタッフ間の調整などのコミュニケーション能力も求められる仕事です。最終的なサービスの仕上げをする仕事ですから、求められるし能力も幅広いものになります。つまり一口にマークアップ・エンジニアといっても企業ごとに行う仕事が違うので求人を選ぶ際にはしっかりとした基本方針を立てることから始める必要があります。求人を選ぶ前に、明確にするべきことは優先順位、志望動機、適正の三つです。優先順位というのは企業から自分が受け取る報酬のことです。報酬と言ってもそれは単にお金のことではなく、条件を全て加味したものです。仕事の内容、収入、労働時間など自分のなかでこれだけは譲れないという部分、納得できる部分などを明確にすることです。これらのことは面接ではっきりと言う必要はありません。企業を選ぶ際に、それが自分にとっての最良の企業であるかどうかを判断するためのものです。志望動機は、なぜその仕事なのか、適正はアピールポイントの明確化です。この二つに関しては選考の際に直接役立てるものです。Web制作、設計の経験を洗い出して自分をプレゼンテーションするのです。仕事を選ぶ際にはまずこの三つのポイントを明確化することから初めてください。自身のキャラクターがつかめたのなら、今度は求人する企業のキャラクターを掴むようにしてください。マークアップ・エンジニアは企業の規模によって仕事の内容が微妙に変わってきます。求められているのが単純にコーダーのようにデザインの仕上げとしての仕事を募集しているのか、それともサービス全体の仕上げの仕事を募集しているのかが変わってきます。企業は面接試験において、応募者がその仕事にあったキャラクターなのかを判断します。自身のキャラクターと求人の企業の求めているキャラクターのすり合わせをするためにもまずはその企業がどんな人を求めているのかをしっかりと調べましょう。
diabetes-sport.ch


フリースペース

サイトマップ